<< 書けない! | main | と 言うわけで >>

スポンサーサイト

2011.06.20 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

かなたの空に

2008.10.25 Saturday
カードが皆さんのところにあらかた届いたようなので、
ここで 皆さんにお知らせしたいと思います。


アクセルは15日の朝に逝ってしまいました。


13日の再診の時には 前の週に食欲が落ちてしまったので、レグランを処方してもらったのが やっと効いてきて、自分で野菜などもほとんど食べれるようになったと先生に報告したところでした。

今後の治療方針を相談して家に帰り、晩御飯の野菜もあらかた食べ、クリティカルケア、薬とフルコースを終えたところで アクセルが力みだしたのです
おしっこが出ませんでした。
2時間くらい様子を見ていたのですが、苦しみが増すようなので、
急患で病院に逆戻り。
その夜と翌一日病院で治療を試みました。
レントゲンを撮ってみると、大きな石が膀胱と尿道の境のところに詰まっていました。
アクセルを苦しめていたのは 分身君でも前立腺関係の疾患でもなく、
結石だったのです。
前にレントゲンを撮った時には 多量のスラッジが膀胱内に溜まっていました。
その大きな石はスラッジに埋もれていたのですね。
先生達は結石だとは指摘しなかったので、私も少し安心していたのですが、スラッジが出きったあとは 石が詰まるのは時間の問題だったのでしょう。
前に写っていた多量のスラッジは、皮肉にも綺麗に無くなっていました。
結局超音波で石を砕いて流しだすという療法は成功しませんでした。
先生曰く 「石を砕けたことは砕けたのだが、流しだすというところまでは小さく出来なかった。それどころかその小さく砕けた石は、その何時間後にはまた 大きな石に形成していた」とのことです。
おしっこは膀胱から針で吸い取っていました。
14日の日には仕事が終わってからと 夜8時過ぎに2度面会に行きました。
2度目の面会の時に、家から持っていった野菜を無我夢中で食べていました。
実のところ病院に向かう道すがら、
安楽死のことが頭に浮かんでいたのですが、
アクセルが野菜を無我夢中に食べている姿を見たら
決心が付きませんでした。
その夜もう一度石を砕く試みをしましたが、
すでに消耗していたアクセルの身体は
もう麻酔を長いこと耐えられなかったようです。
そして次の朝仕事に行き、7時ごろに病院に電話してみると
あまり状態は良くないと言われました。
そして8時ちょっと過ぎに、ICUで息を引き取ったと連絡がありました。

皆さんに送るカードにメッセージを書き込んだのは13日で、
アクセルがまだ元気な時間でした。
この頃はこれから回復していくのかとも思っていました。
なので 人によっては「アクセルは頑張っています」と書いたので、
彼の訃報は書けなかった。
彼のことを思うたびに溢れていた涙も やっとこの頃少し落ち着いてきたところです。

最近は何もかもが悪い方へ悪い方へと突っ走っていくようで 何をするのも怖いです。
アクセルが逝ってしまってから 心は空っぽになってしまいました。
その穴埋めに何か欲しいような でもそれがまた悪い展開になりはしないかと・・・・・
時間が解決するしかないのでしょうか。


昨日23日はアクセルの再診の日でした。
私はキャンセルはせず、代わりにアレクセスを連れて行き まだやっていなかった
健康診断をしてもらいました。
先生はお悔やみを言ってくれ その後アクセルの病院でのことなどを話してくれました。
アクセルの尿から採ったスラッジを解析に出していた結果は、モルに多い炭酸カルシウムだった とのことです。

連れて行ったアレクセスを、先生はじめ スタッフのみんなが可愛い、綺麗だと褒めてくれました。


アクセルを闘病カットにする前に ふわふわロン毛を一束 手元に残していました。
そしてそれを赤い糸で結びました・・・またいつか彼に会えるようにと。

たからもの

アクセル、これからも愛しているよ。またいつか私の胸に戻っておいで。
それまでは他の子たちや私をお空から見守っていてね。

・・・・・というわけで暫く更新はお休みさせて頂きます。
コメントにはすぐにお返事出来ないかもしれません。ご無礼お許しくださいませ・・・・


スポンサーサイト

2011.06.20 Monday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 12:56
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
 多頭飼いの飼い主として、私は1匹飼育の方の何倍も喜びを
もらっていると思っています。そしてそれと同じく同数の悲しみも
享受しなくてはならないのです。

時として悲しみが続くと、何倍も打ちのめされる事があります。
それでも、目の前の生きているモル達がその悲しみを少しずつ
癒して来てくれました。

USAさんの悲しみが薄皮を剥ぐように癒える時まで、ゆっくり
お休み下さい。

私んちの「もる友モル部屋」に頂いたお写真に手を合わせました。
ご冥福をお祈り致します。
ゆうこさん、こんばんは。
アクセル君、これからドンドンよくなると思ってましたが…亡くなってしまったんですね…ご冥福をお祈りいたします。
正直行ってなんと声をかけたらいいのか、何を書いたらいいのかわかりません。
看病も続き、精神的にもかなりお疲れでしょうから、まずはユックリお休みください。
コメントも更新も、落ち着いてからでいいですよ!
  • toy
  • 2008/10/25 8:21 PM
ただただ 驚くばかりです。
回復に向かっているものだとばかり思っていました。
多頭飼いで年齢の近い子ばかりの私には いつかやってくる別れが 立て続けでやってこないことを祈る毎日です。
辛い出来事ばかり続いてしまい、ゆうこさんの心情をお察しします。
更新もコメントも ゆうこさんが落ち着き 一歩踏み出せたときでいいんです。みんな待ってますから。
  • まぁちゃん
  • 2008/10/26 12:44 AM
私も・・・回復に向かっていると信じていました。
なんて書き込みすればよいのか・・・

ゆうこさんに愛されてアクセルくんは幸せだったと思います。
大変な看護ゆうこさんはとてもがんばったと思います。
どうかお疲れがでませんように・・・

アクセルくんのご冥福を心よりお祈りいたします。
ゆうこさんへ

先週末に実家近くで開かれるフリマの準備でバタバタとしていてPCお休みしていたんです。
今日ゆうこさんから手紙が届きワクワクしながら文章を読んで
・・・「え?」と思い、急いでこちらに来ました。
言葉が見つからずすぐコメントが出来ませんでした。
私も母から始まり、モモンガ、実家のポメ、モルぞうと立て続けに
悲しい事が続き涙とため息と絶望の日々でしたが、今はプーモルミー
とのんびり過ごしながら、アクセサリー作りや植物の世話に没頭する
日々です。まだ精神的には不安定ですがプーモルミーと一緒の時と
植物をいじっている時は癒されている気がします。
泣きたい時にはうんと泣いてくださいね。


大好きなアクセルくんへ

私はかわいくて優しくて甘えん坊なアクセルくんのファンです。
それはきっとモルぞうも良く知っていると思います。
虹の橋でモルぞうに会ったら仲良くしてあげてくださいね!
すごく頑張ったね。
行ってらっしゃい。

冬子さん、toyさん、まぁちゃん、まみぴょんさん、千葉モルさん、
温かいコメントありがとうございます。

お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
アクセルのことを想うと今でも傍にいるような気がします。
そして もう彼は苦しんではいないのだと考えると 安らかな気持ちが湧いてきます。
本当に可愛い子でした。
彼と一緒に時間が過ごせて本当に幸せでした。
そしてこれからも彼を想うたびに幸せな気持ちになれるでしょう。

皆さんにも感謝しています。アクセルを心配してくださり。本当にありがとうございました。
彼は私の心の中で永遠に生き続けます。
そう、可愛くて甘えんぼでいつまでも年を取らない永遠の天使として。
  • ゆうこ
  • 2008/11/08 1:18 PM
コメントする









PR
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
近未来ネコ
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」